2006年11月07日

心が温まるのは?

だんだん秋が深まってきました。こちらはもう冬がそこまで来ている感じで、2、3日中に初雪が降りそうです。寒くていやですね。
冬というとやはり外は寒くて吹雪の日なんかは早く家に帰りたくて帰りたくてって気持ちになりますよね。そしてやっとのことで家に帰りついたときの、あの暖かい部屋のぬくもりと言ったらもう最高です。北国ではストーブをガンガンに焚かないと温まらないので真冬なのに部屋では半そでだったりするのですが、火が燃えているところが見えるストーブだとこれがまたいいんですよね〜。
ストーブの上にアルミホイルに包んだサツマイモを置いて焼き芋を作り、家族みんなで食べた思い出がよみがえってきました。なつかしいなぁ。

とにかく北国の冬は灯油をたくさん使うんです。ですからどうぜ使うのなら地球に優しい灯油を使いたいものですよね。そういう意味から行くと、昭和シェル石油の「Shellエコ灯油」というのがいいのだろうと思います。
この「Shellエコ灯油」は、臭いが少なく燃焼がクリーンなので環境に優しいそうなんです。

eco-toyu01.jpg

http://www.shell-ecotoyu.jp

灯油は本当にありがたいですよね〜。
家だけでなく心も温めてくれる灯油の存在は本当にありがたいと思います。
あ、夏だって春だって、一年中「お風呂」で温めてくれてるんだった。
冬だけじゃなかったね。いつもありがとう。これからもよろしくね。
posted by まか at 09:24| 昭和シェル石油 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。