2006年09月29日

二重まぶたの常識って?

大きくぱっちりとした目元は、多くの日本人女性にとっては昔からの憧れですが、最近では男性でも仕事のためや自分のために美容に関心を持つ人が多くなってきていますよね。甲子園球児たちですら、まゆげをキッチリ揃える時代ですもんね。

また「プチ整形」という言葉が一般的になって、メスを使わず簡単に二重まぶたになれるという事をなんとなく知っている人は増えていますが、実際に施術法など詳しい事を知っている人は多くはないですよね。

美容外科/美容皮膚科の銀座いけだクリニックが運営をする「二重まぶたの常識−net」は先入観や噂にとらわれず正しい知識による二重まぶたの施術(埋没法/切開法)やアイプチのメリット、デメリット、その他の施術方法などが詳しく説明されています。

多くの美容外科の広告では二重まぶた手術の簡単で負担が少ないことをうたっていますが、実際には見た目の印象が変わる訳ですし、周囲の目線や術後の腫れなど、本気で手術を考える人程正しい知識を必要としているわけです。

例えば「埋没法」は、瞼の中に医療用の糸を埋め込むことで、目を開けた際に糸を埋め込んだ部分に二重のラインが付くという方法です。しかし、糸の埋め込み方だけでも何種類もの術式があり、糸を何箇所固定するのかによっても仕上がりが変わるそうなんです。

運営元の銀座いけだクリニックでは様々なご要望に応えるために埋没法だけでも何種類ものメニューを作っています。

・一般的なスクエア法
・瞼の裏側に糸がでない角膜に安全な埋没法(FT法)
・後戻りの起こりにくいMT法
・より大きくぱっちりとした目元にされたい方のためのLT法

など、経験豊富な形成外科専門医による患者様一人一人のご希望にあった丁寧な施術が可能なんだそうです。

銀座いけだクリニックが運営する「二重まぶたの常識−net」を見て理想の二重まぶたを考えてみてはいかがでしょうか。


 ○URL: http://www.futae-jyousiki.net/
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。