2006年03月24日

真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章

時代が再び『北斗の拳』を呼び覚ました─!
漫画「北斗の拳」は1983年、週刊少年ジャンプにて連載開始するや読者から絶大なる支持を獲得し、その勢いは週刊少年ジャンプの発行部数をわずか1年で80万部も引き上げた。1984年のテレビアニメ「北斗の拳」の放映は、「あたたた」という 怪鳥音や「ひでぶ」といった悪党の断末魔まで、まさに社会現象にまで発展した。 しかし、その奇跡はまだ終わっていなかった。
2001年週刊コミックバンチで連載され今も続く「北斗の拳」の前の時代を描き出す「蒼天の拳」は、再び読者の熱狂的な支持を受け、その単行本の累計発行部数は1000万部に迫っている。
そして、今新たなる「北斗の拳」が描き出される。

   hokutonoken.jpg


『真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章』 公式HPへ>>>


漫画「北斗の拳」は、救世主の道を行く末弟のケンシロウ、覇者の道を行く長兄のラオウ、その二人を慈愛をもって見守る次兄のトキという非業な宿命を背負う兄弟の葛藤と闘いを描いた壮大な長編叙事詩である。
ただ連載当時は、ケンシロウという英雄の生き様を描くよう構成したため、多くのエピソードが削り取られてきた。 削り取られていた凄絶で深い愛に彩られたエピソードたちを描ききるため、今回五部作のプロジェクトが組まれた。
これまでの直線的なストーリーだけではなく、各キャラクターの視点にそれぞれ立って複眼的に描いていくことにより、北斗の英雄達の「言葉」や「涙」を 立体感をもって浮かび上げようとする長期プロジェクトである。


『真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章』 公式HPへ>>>


ケンシロウ役には、阿部寛。新キャラクターレイナ役に、柴咲コウ。ラオウ役に宇梶剛士を迎えている。
北斗の世界は身長2mに及ぶ男たちが登場する。「大きな体から出る重量感ある声が欲しかった」と製作総指揮の堀江信彦は語る。また、敵サウザー役に大塚明夫、シュウ役に大塚芳忠、トキ役に堀内賢雄など、アニメや洋画吹替で活躍する日本を代表する声優を起用した。
また、新時代の北斗を表現するためにクリエーター達が集う。テーマ曲は松本孝弘(B'z) による「Theme from Fist of the North Star 〜The Road of Lords〜」。
主題歌には、新進気鋭の上木彩矢が、B'z「ピエロ」を先行カバー。 劇中音楽は、映画・アニメ・ゲーム・舞台・TVなど幅広い音楽プロデュースを行っている 梶浦由記が担当。
さらに、クリスタルキングが北斗には欠かすことの出来ない「愛をとりもどせ!!」を MOVIEバージョンとして再収録した。


『真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章』 公式HPへ>>>


テスト






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。